マニエリスト〜グレコ

エル・グレコの絵画動画



エル・グレコ(El Greco 1541-1614 ギリシャ)
ねじれた人体、明暗の強い対比、原色の鮮やかな色彩が特徴の「マニアリスム」を代表する画家エル・グレコ。
ギリシャのクレタ島に生まれ、イタリアで画家になるための修業の後、スペインに渡り名声を得ました。

グレコとは通称"ギリシャ人"という意味であり、エルというのはスペインの男性定冠詞とのことです。

日本ではお馴染みの画家で、岡山県倉敷市の大原美術館には、エル・グレコの大作『受胎告知』が展示してあります。この作品は、大天使ガブリエルが、処女マリアに神の子を身ごもることを告げる奇跡の場面。長く引き伸ばされ、ねじれた人物描写、極端とも言える明暗対比と色彩対比は、曲線美の複雑な構図の、典型的な「マニアリスム」の絵画様式といえます。

この様式に目覚めたのは「ティントレットの影響を受けた」と伝えられていますが・・・定かではありません。

スペインのトレド大聖堂の『聖衣剥奪』の完成で名声を得て、次いで歪んだ筆致と色彩が独創的な傑作『オルガス伯の埋葬』を世に出しました。

またこのスペイン初の偉大な宗教画家は、生涯に数多くのキリスト磔刑図を描いてきましたが、最晩年に描いた『十字架のキリスト』は、自らの死を悟った心情が、重ねあわされ、悲哀、絶望、恐怖が、絵に表れているかのようだと、評判を呼んだ名作です。


スポンサーリンク
 

スポンサーリンク