フォービズムの巨匠〜マティス

マティスの絵画動画



アンリ・マティス(Henri Matisse 1869-1945 フランス)
20世紀最初の絵画革命フォーヴィスムの旗手マティスは、北フランスル・カトー・カンブレジに生まれます。画家を志しパリへ出てモローに師事、サロン・ドートンヌ(秋のかおり)に出品、大胆な筆致と強烈な色彩に、フォーヴィスム(野獣)と呼ばれることになります。

その作品が『豪奢、静寂そして逸楽』でした。フォーヴィスム(野獣派)とは、マティス他ドラン、ルオー、ヴラマンクなどのグループで強烈な色彩と形態の調和を求めたことでフォーヴィスムと呼ばれキュビズムへと繋がっていきます。

有名な彼の代表作大胆な色使い、躍動感のある人物の『ダンス』と、ついで描かれた『音楽』はむしろ静的と対比となっている作品です。

彼の後半生は野獣派と揶揄された前半生と打って変わって、静的な作品を描いています。『鏡の前の青いドレス』は、終生マティスを支えた女性、リティア・デレクトルスカヤをモデルに描いた作品です。赤、白、青つまりフランスの国旗の3原色を使って描いた作品『ラ・フランス』などがあります。

また一般に知られているのは『オダリスク』の連作で、彼の代表作の一つとなっています。晩年は切り絵の作品をも手がけました。明るい色彩と大胆な構図、で構成された画風にピカソと共に現代絵画の祖と呼ばれています。


スポンサーリンク
 

スポンサーリンク