バルビゾン芸術の代表画家〜ミレー

ミレーの絵画動画



フランソワ・ミレー(Francois Millet 1814-1875 フランス)
バルビゾン派を代表する画家で、“農民画家”とも呼ばれたミレーは、フランスノルマンディーで、代々続く農家の長男として生まれました。

最初は肖像画家の下で修業、パリで美術学校に入り、肖像画家を目指します。

『小麦をふるう人』をきっかけに農民を描き始める。ミレーの作風は、後世の多くの画家たちに影響を与えました。
クールベ、ピサロ、ゴッホ、スーラ、ダリなど後世巨匠と呼ばれる画家ばかりです。

写実派あり、印象派あり、シュルレアリスムと主義は違うが、その画風、制作姿勢は人を惹きつけるものがあったのでしょう。バルビゾンに移住してあの名作『晩鐘』『落穂拾い』が生まれました。ミレーは、農民の働く姿を、聖書や古代文学に語られる、庶民と重ね合わせて描いているという説もあります。

彼自身、貧しい農家の生まれであり、それだけに、農民の姿を描くことは大いに意義があったといえるでしょう。他にゴッホも描いた『種をまく人』、ミレーは『晩鐘』の様に夕暮れ時を描いた作品が多く『薪拾い、夕陽』『夕暮れに羊を連れ帰る羊飼い』などの作品があります。

ミレー作品中心に、バルビゾン派のコレクションが山梨県立美術館で見ることが出来ます。


スポンサーリンク
 

スポンサーリンク