アール・ヌーボーの鬼才〜ミュシャ

ミュシャの絵画動画



アルフォンス・マリア・ミュシャ(Alfons Maria Mucha 1860-1939 チェコ)
世紀末のアール・ヌーボゥー画家ミュシャは、チェコソロヴァキアのイグアンチェッエと言う小さな町に生まれます。

プラハの美術学校の入試に失敗、オーストリアのウィーンで
舞台美術の工房に就職、その後、ミュンヘン、パリで絵を学びます。

エッフェル塔が出来る前年、パリは万国博覧会の準備で沸いていました。
その年のクリスマスの翌日、ミュシャ宛に、一枚のポスターの以来があったのです。

この注文が、一人の青年の運命を大きく変えることになります。
注文主は、当時の大女優サラ・ベルナールでした。

デビュー作『ジスモンダ』のリトグラフポスターは大好評で、次々と注文が入る様になります。
次に出したのが『ロレンザッチオ』『夢想』。
出す度に評判となり、女性像に植物や曲線を配した構図は"ミュシャ様式"と呼ばれるほどでした。

結局サラのポスターは『椿姫』など9枚に達しました。『モナコ・モンテカルロ・PLM鉄道』はこの評判を聞いて頼まれたポスター、後には、観光、鉄道の宣伝ポスターも手がけています。

一方では画家としても活動しており、油彩の『クオ・ヴァディス』『巫女』などの傑作を残しています。彼の装飾芸術家としての集大成で、全貌を知ることが出来るのが『ミュシャ装飾資料集』です。


スポンサーリンク
 

スポンサーリンク