光と闇の画家〜レンブラント

レンブラントの絵画動画



レンブラント・ハルメンス・ファン・レイン(Rembrandt Harmensz. van Rijn 1606-1669 オランダ)
17世紀オランダ絵画を代表する画家で、オランダ西部ライデンで生まれます。
レンブラントはアムステルダムで集団肖像画、神話、聖書を主題とした作品で評価を確立しました。

この地に移るまでは歴史画が多く、肖像画は自画像以外見られません。彼がその心理的洞察を示す肖像を確立し、名声を得るのは、アムステルダム以降になります。その契機となった集団肖像画が、外科医組合のメンバーを描いた大作『テェルプ博士の解剖学講義』でした。

そしてレンブランド全作品の中で、もっとも大きく最も有名な名作『夜警』に繋がるのです。

この作品は、『夜警』と呼ばれてはいますが、実際には昼間の光景でした。ニスが幾重にも重ねて塗ったため画面が暗く見える様になり、19世紀初頭から『夜警』と呼ばれる様になったとか・・・。
レンブランドが目指したのは、ドラマの導入による歴史画への変貌でした。しかし独特な構成は注文者の不評を買い、レンブランドの名声を落としてしまったのです。

ですが、彼の並外れた描写力は、そこに見えるものを描くだけでなく、人物の内面まで分け入って描き出す筆致は、後世に残る傑作を数多く生み出したといえるでしょう。
また今日まで謎とされているのが、ユダヤ人の花嫁とその父を描いた『ユダヤの花嫁』。ある研究者は肖像がではなく創世記の歴史画という人もあり、その結論はいまだ出ていません。


スポンサーリンク
 

スポンサーリンク