自画像の画家〜シーレ

シーレの絵画動画



エゴン・シーレ(Egon Schiele 1890-1918オーストリア)
今世紀初頭、クリムトと並んで、ウィーンを代表する画家シーレは、
オーストリアのトゥルンで、鉄道官史の息子として生まれました。

ウィーン美術アカデミーに学びクリムトと知り合います。アカデミーをやめ「新芸術家集団」を結成、ブタべストで、展覧会を開きます。

シーレは、少女誘拐の容疑で24日間拘留されたこともあります。容疑は晴れましたが、その時描いたのが『獄衣の自画像』でした。このとき彼は囚人としての自画像を描き、日記も記しています。

シーレの自画像は、明るいものは少なく、何か問いかけるような、歪んだまなざしのものが多いです。

『夢みる女』では、女性を描いていながら、血の気のないやつれた顔はシーレ自身の顔と見られています。そして彼は師クリムトの作品をよく模写しています。『ダナエ』がその代表格ですがクリムトの装飾趣味に疑問を感じ、変形した構図となっています。

クリムトが死亡後のウィーン分離派の展示会では、メインルームを任されました。事実上のウィーン分離派の後継者と誰もが認めた処遇でもあります。

この展覧会は多大な成果を残して幕を閉じました。しかし彼の作品に対する評価は賛否両論あり、版画芸術教会からも年鑑作成で『横たわる少女裸像』『パリス・フォン・ギュータースローの肖像』の2点が拒否されています。


スポンサーリンク
 

スポンサーリンク