光の画家〜フェルメール

フェルメールの絵画動画



ヨハネス・フェルメール(Johannes Vermeer 1632-1675 イタリア)
“光の魔術師"と呼ばれ、17世紀を代表する画家の一人と言われた、フェルメールはオランダのデルフトに生まれ、画業のスタートは歴史画でした。

17世紀のオランダでは、これまでの教会、宮廷と言った二大パトロンから市民階級からの注文が急増し、一人の画家の制作数も以前の時代とは比較にならないほど多くなったのです。

フェルメールの寡作ぶりは際立っていました。しかしフェルメールの作品で現存するのはわずか30点余り。
この要因として生活基盤が他の画家より裕福だったためと言う人が多いですが、それはどうでしょう・・・。

オランダ最高の写実主義者と言われるほど、その画風は精緻な描写、隅々まで綿密に考え抜かれた構図、どの作品を見ても、こうした良心的な制作態度が垣間見えます。この辺を見ても、そう量産できないことと、43歳と言う若さで亡くなったことに起因すると見る向きは多いです。

それは緻密な風景画『デルフトの眺望』でも証明されています。

この徹底した描写力と色彩、光の効果は、日本でも人気の作品『青いターバンの女』のフェルメールブルーの使い方、そして代表作の『絵画芸術』の寓意。

ミステリアスな画家として後世に残る偉大な画家であることは間違いありません。


スポンサーリンク
 

スポンサーリンク