ベルト・モリゾ

ベルト・モリゾの絵画動画



ベルト・モリゾ(Berthe Morisot 1841-1895 フランス)
エコールド・パリの印象派、女流画家のパイオニアといわれ、後世に多大な影響を与えた画家です。

当時の画壇は、女性がプロの画家になるなんてもってのほか。まして階級の女性が画家になることは革命的なことであり、劇的だと評された時代でした。ベルトはそうした時代、フランスのブールジュに、シュールの知事の娘として生まれます。ロココ美術の巨匠、フラゴナールの親戚との説もありますが、定かではありません。

ベルト・モリゾが本格的に絵画を学んだのは、多くの画家が通った道、ルーヴル美術館の作品模写から始まりました。

しかし官立美術学校で絵の勉強をしたくても、女性の入学は許可されていないので、個人の画家の教室で学びました。やがて印象派の巨匠マネと出会う。この出会いが、ベルトにとって大きな転換と新しい方向性をもたらすことになります。

ルーブル美術館模写から10年、母と姉を描いた大作『モリゾ夫人とその娘ポンティヨン夫人』がサロンに入選、女流画家として認められます。一時期コローやバルビゾン派の画家たちの影響で風景画を描きました。『ロリアンの港』など。

しかしマネとの新しい交流から人物画へと移行していきます。『観劇の前』『自画像』』
そして少女ものを手がける様になります『羊飼いの少女』の連作ヌード『水浴』『横たわる裸の羊飼いの少女』です。

この2作品はルノワールの影響作品と見られます。この絵からは、当時女性の画家たちが、ヌードを描くことを排除されていた現実を、改めて認識させられます。


スポンサーリンク
 

スポンサーリンク